ABCCについて5 2018.7.12からの一般マイニング開始とプレマイニング組のこと

ABCC AT 取引所トークン画像
ABCC AT 取引所トークン画像
取引所 exchange

ABCCの過去記事  3 4  ABCC登録

ABCCは関心を持っている方が多いのか一番アクセスがあります。

今日は先行して3日間マイニング可能なプレマイニングは果たして得だったのか?について考察します。今までのおさらいです。

ABCC AT ICO 配当実施

ABCC AT ICO 配当実施

この報酬から逆算するに昨日の出来高が400億を超えたということがわかる。

ETH出来高世界一 ABCC 2018.07.11

ETH出来高世界一 ABCC 2018.07.11

ABCC取引所トークンのATは先行マイニング権を取得したマイナーによって想像を超えた盛況を見せた。サーバーは強く、サクサクとATは掘られて行ってETH出来高は世界一となった。

 

賑わっていて大いに結構と思えるかもしれない。しかし今先行マイナー側は割と赤字の危機に瀕しているかもしれません。

前回までの記事で、ATトークンは1日35万ATしか掘れないということを述べた。同時にロックアップを受けた50%側のチーム、エンジェル投資家、取引所、ABCC取引所創設以来の古参トレーダーに対してもATは比例して付与されます。(つまり43.75万枚が同時に発行されているはず)

これは明日からのマイニング公開の際には重要なことではないように思えますが、先行者利益があると思われた先行マイナーにはこれが大きな問題となっている。

先行マイナーは単純に上記画像のとおり、昨日だけで0.5億円以上の手数料を払いました。そして【損益分岐点を遥かに下に割った】わずかなATを付与されました。というのも、1AT当たりの取得単価は上記手数料から考えると割高です。この35万ATは全てマイナーのものとなります。

さあ、マイナーが支払った現在までの合計$1,672,453ドルの手数料で割って1枚AT取得単価を考えよう。これまでマイナーは今までに7月9日正午から10ブロックを掘った。これは1ブロック87500ATが掘れる限度のため、執筆現在10ブロックまでは完了し875000ATを掘ったこととなるはずです。

1,672,453ドル÷875,000AT=1.91ドル

1AT=1.91ドル=210円という驚きの結果に!割安どころではありませんね。先行マイナーは果たして得できるのでしょうか。すでに1ATは3ドルの価値があると公式は宣伝していますがまだまだ油断も盲信も危険です。

ちなみに昨日分だけで考えると454,717ドル÷350,000AT=1.29ドル←昨日の取得単価は安い

また、この莫大な手数料をマイナーだけで受け取ることが出来るのか(historical tradersは当初より配当対象外)、それともマイナーの1.25倍のATを常に持つ投資家・運営・チームも含めた形となるかということです。(説明通りならATトークンはマイナー:投資家・運営・チームで4:5の割合でATを持つ)

結論としては運営チームも配当報酬を受け取るということでした。まあ、これはFCOIN等でも当たり前となっていましたし、グットレニキも配当報酬を受け取れるよう掘ってみましたので後日公開できると思います。

配当報酬を受け取るATの枚数も決まっているし、計算は出来るのですが後のお楽しみということで。

以上の通り、マイナーが支払った1AT当たりの取得単価はすでに0.4ドルを大きく超えています。誰も取得単価以下で売りたがる人はいませんが、まだ売買出来るのは先のお話です。(恐らく8月初旬くらいのため割と長い目で見るイベントです)

では一般マイニングはすべきなのか考えてみましょう。結論としては、1枚AT当たりの取得単価を予測し、1枚AT当たりの配当報酬を予測することで勝率が思いきり変わってくるでしょう。

もしも出来高が現在までの勢いをなくし崩壊してしまったら、ATは先行マイナーが掘った取得単価よりも安く掘れることとなるので、先行マイナーよりも得する展開もあり得ます。逆に一般マイナーは割安費用でマイニング取引ができる時間を見つけて得することができるのかもしれません。

明日から参加する方のために、情報提供です。下記サイトも目を通してマイニングを楽しむか検討してみてください。

ここからわかるのは、ATは毎日のマイニング放出量が完全に予測できるし、枚数が増えるのも一定だから1枚当たりの報酬も予測できるため他の取引所トークンよりも博打性が低くより合理的に取引に参加しやすいということでしょうか。

皆さんもグットレニキが計算するように、取得単価を意識してお得な時間にマイニング取引に参加するとか、色々戦略を考えましょう。

コツは毎日35万ATと決まった数のATだけが放出されること。あなたは出来高が少ない日に参戦することで、先行マイナーよりも遥かに低い取得単価でATをマイニングできる可能性があります。ここがポイントです。

グットレニキの7月10日分の初配当は1ATにつき50円くらいでした。2日目参戦でこれなので悪くないと思います。※ただいつからいつまでの分の配当かわからないので、はっきりした1AT当たりの配当が出ないんです<(_ _)>

ABCC運営がライバル視する取引所トークン

ABCC運営がライバル視する取引所トークン

ABCCミディアム investing.com ABCCについて海外評価

 

ABCCの過去記事  3 4  ABCC登録(配当報酬ボーナスつき)