BITALLEXについて3 取引所トークンBAE ICO終了が迫る

BITALLEX BAE ICO PRICE
BITALLEX BAE ICO PRICE
ICO

さあ、今日はBIT.ALL.EXの最新配当状況を見ていきましょう。

 

BITALLEX BAE 配当 出来高

BITALLEX BAE 配当 出来高

上記の通り、(恐らく運営のボットによるものだと思いますが)日々の出来高は2億円を超えました。

2億円弱の出来高で、配当は1300ドルちょっと。手数料は0.1%なので1日出来高合計を【1000】で割れば、運営が稼ぐ手数料がわかります。わかりやすく出来高2億円として、つまり200,000,000円÷1000=売上利益は200,000円となります。これの半分である50%を運営は投資家に分配します。となると100,000円ですね。でも上記の通り、もう少し多くのお金が分配されています。これは【コイン上場時の利益(取引所は上場する際にコイン上場を依頼した企業からお金を貰います)】【引き出し送金等の手数料】なども含めた金額なので、これを合わせるともう少し儲けることが出来るわけですね。

 

BITALLEX BAE 取引所トークン ロードマップ

BITALLEX BAE 取引所トークン ロードマップ

ロードマップを改めてみると、今年11月に【ユーザーエクスペリエンスの向上】とあります。世界取引所20位以内のEXXでさえ、取引画面は安っぽく陳腐なものなので何とも言えませんが、グットレニキは少なくともこれが一番重要な仕事と思います。私がCEOなら真っ先に注力させますが果たしてどうか。

 

BITALLEX 変更点 2018.07.09

BITALLEX 変更点 2018.07.09

KYC認証をすると追加で20BAEトークンを貰えることとなりました。参考までに。

 

2018.7.12から配当対象が2000BAE保持者へ拡充

2018.7.12から配当対象が2000BAE保持者へ拡充

結局、20000円相当の2000BAEを持っていれば配当対象者になることとなりました。エアドロップのみでの即売却目的組の中で、逆に熱心なホルダーとなる人が増えるわけですから、これはこれで悪くないと思っています。当初の20000BAEホルダーのみが配当対象というのは、地合いの悪い今の中では逆風となる要素も高いため、コミュニティの発展を促すのは無難に思います。

BITALLEX BAE 送金手数料

BITALLEX BAE 送金手数料

初期に20000BAE以上を買った割と大口の投資家は上記のとおり、配当対象者拡大で結果的に配当金額が減るのですが、エアドロップや登録報酬で配ったBAEもちゃっかり500BAEからの送金、送金手数料20BAE取りますよ。となっています。

これはエアドロップ対象者はつまり当初の原価1BAE=7~10円で売り抜けしても全く意味がない(送金手数料含めて考えるとほぼ送金できない少額にしかならない)ため、初期のエアドロップ・登録ボーナス組の取引開始1日目という一番大事な日の売り圧力を軽減することとなります。1トークン100円とかBAEが高値を付けるのを待ってから売却することとなるので、結果的には投資家もエアドロップ組もWIN・WINの関係となります。これも取引所の発展には重要です。

まあ、実際は※送金手数料0レベルの通貨がすぐに上場する可能性もあるので、それまでは登録だけされた方は売らずに取っておくのが良いと思います。BAEが成功すればちょっとした小遣いになりますからね。

※BAE→ETH→XRP(送金手数料激安)などで送金すれば、事実上の抜け道として売れるので登録報酬だけメンバーの方はそれまで少し時間を置いておけば良いです。

何度も言いますがBAEは投機です。買う買わないは本当に慎重にされてください。