7月の仮想通貨市場は上がるのか、下がるのか、いつ、どこまで?

テクニカル分析っぽいもの

こんばんはグットレニキです。7月の仮想通貨市場はいったいどうなるだろうか?

重要なファンダメンタル情報:G20での仮想通貨会議 

7月 21~22日 G20財務大臣・中央銀行総裁会議 ブエノスアイレス(アルゼンチン)

先物期日満了:CBOEが7/18、CMEが7/27(約2倍出来高があるCMEがCBOEよりも影響力が大きいのは覚えておきましょう!!)

※CBOE、CMEに参加するファンドは常時1万枚前後のビットコインのポジションを持ち売り買いしています。これは70億円程度と少ないと思うかもしれませんが、それは違います。彼らがショートポジションを増大させるとき、実際に相場が下げていることから、かなり影響力があると思っています。ちなみに6月初旬まではずっと売りポジション増大で、今はそれが緩和してきており、およそ2か月ぶりに売りポジションの減少がみられています。その後、ビットコインの元気が出てきたのは無関係なのでしょうか??

これに関しては時間をとって説明するか、他に素晴らしい解説をされているサイトがありますので、ご紹介させていただきます<(_ _)>

 

CBOEビットコイン先物

CBOEビットコイン先物

では、ビットコインお母さんの調子がどうか見てみましょう。グットレニキはEMAを短期であれば7日~25日くらいので見ていますが、大局をみるには5日・10日・25日・50日・75日・100日・200日などのみんなが見る移動平均のうち、50~200日EMAで見ることにしています。

EMAとは指数平滑移動平均線のことで、直近の過去の値動きを重視した移動平均線のことです。一言でいえば過去の値動きが凝縮されたラインです。それは当然のことながら、強烈なサポートラインにもレジスタンスラインにもなりえます。そして心強いことに、一度攻略したラインは味方にすることができます。

※これには条件があって、攻略してからしばらく占拠すること(時間を過ごすこと)が必須です。なんだか戦国大名の城取り合戦のようですね。すぐに撤退してしまっては、収穫はありません。

7月のビットコインお母さんの調子

7月のビットコインお母さんの調子

今回は4時間足で見てみましょう。6月末頃にビットコイン(BTC)は大きく上昇し、EMA50、100を次々と攻略。

今はEMA200を攻略せんとしています。

画像のとおり、EMA100ラインを超えたのって、むちゃくちゃ久しぶりですよ。しかも、1度超えるとしばらく続いて調子よくEMA50~200ラインの上にいてくれるのがわかります。今年の過去の傾向を見ると、今回もそうなることが予想されますが、ファンダメンタル上はG20があり、開催直前までビットコインお母さんが不機嫌にならないかも心配です。

ということで、強気のトレーダーはすでに先手を打って買っている状況が考えられます。ビットコインがこのままEMA200を攻略し、その上で居続けることができれば、今買っている強気のトレーダーは大きく勝つことができるのは多くの人がうなづくところでしょう。ただ、まだまだその強気傾向の偉大なる1歩目に過ぎないんですよね(;・∀・)

グットレニキはトレードをしないとひよっこのままで経験値がつかないという観点から、いつもトレードをしています。今は負けても、退場せず粘り強くやっていればいつかは一流トレーダーになれることを目標として。

※ちなみに7/6から短期目線ではBTCは下げると予想しています。