取引所トークン一覧 価格分析 まとめ 世界1位取引所から新興取引所まで網羅 永久保存版

取引所トークン 一覧 まとめ 値動き分析
取引所トークン 一覧 まとめ 値動き分析
ファンダメンタル分析っぽいもの

今回は取引所トークンの初上場価格と最高値(ATH=all time high)について読者の皆さんへ公開します。

グットレニキは取引所トークンに関して過去の銘柄の最高上昇倍率と上場時の関係についてきっちり抑えてから買いタイミングを検討しているため、ほぼ負けたことがありません。利確するタイミングである引き際と暴落後のリバウンド期待値等が過去の類似パターンなどをもとに予め推測して買っているからです。

では各種取引所トークンの銘柄について比較検討していきましょう。取引所トークンは出来高が大きいほど価値が高まる傾向にあるため、基本的に出来高の大きな取引所の順番にしています。また、USDT建て・ETH建て等が混在していますのでご注意ください。

取引所トークン比較 初値と最高値 BINANCE BNB

取引所トークン比較 初値と最高値 BINANCE BNB

バイナンス(BINANCE):出来高世界1位の常連。総合力ナンバー1の最強の取引所として呼び声高い。

1日の出来高:1000億円超え

トークン説明:手数料割引50%オフ(1年目)、投票権、四半期ごとに20%利益で買戻し、配当導入予定とのアナウンス、「BNBは世界を結び1つのコミュニティを形成する。バイナンスも企業からコミュニティへと進化します。」との発表で着実に今年度も値上がり成長している。

※上記コインポストさんのリンクですが、意外と知られていないニュースであるためホルダーは見ておいた方が良いです。バイナンスはホルダーを良い意味で裏切る素晴らしい取引所です。

USDT建てで50倍以上達成

取引所トークン比較 初値と最高値 HUOBI HT 

取引所トークン比較 初値と最高値 HUOBI HT

取引所トークン比較 初値と最高値 HT HUOBI ICO価格

取引所トークン比較 初値と最高値 HT HUOBI ICO価格

Huobi(フオビ):こちらも最強クラスの取引所。中華系取引所御三家の1つ。

1日の出来高:1000億円超え

トークン説明:手数料割引(会員制)、投票権、四半期ごとに20%利益で買戻し、配当導入予定

世界最高峰クラスの取引所トークンにもかかわらず、上場後まもなくして原価とほとんど変わらない価格推移をした長い停滞期がありました。

「有望な取引所の取引所トークンが原価割れを起こすことは、まず無い」という過去の事例を知っていたのであれば、ここで強く買いを入れることが出来ました。

過去に私たちは戻ることは出来ませんが、今後もまた出現する有望な取引所のトークンがどうなるかをある程度推し量ることができるようになるでしょう。

6倍達成

当時の公式販売では勝利が確定されていたものの、あまりの人気ぶりにグットレニキは買えませんでした。※もちろんその後の停滞期では買いました。

取引所トークン比較 初値と最高値  OKEX OKB

取引所トークン比較 初値と最高値  OKEX OKB

OKEX(OKCOIN):こちらも最強クラスの取引所。中華系取引所御三家の1つ。出来高水増しがひどい。1BTC買い物して板では3BTC取引したことになっていたなんてのもザラにありました。なので実際はBINANCEとHuobiの1ランク落ちでみています。

1日の出来高:1000億円超え

トークン説明:手数料割引50%、投票権、毎週配当20%(ハッピーフライデー)、ホルダー専用アフターサービス

運営やファンドは1~3年のロックアップあり。

ご覧の通り、OKBはプレセールの1番高い価格設定から見ると原価割れ~原価とほぼ変わらない(プレセールは3段階の価格設定があった)状況でしばらく停滞を起こしていました。私たちは自分自身に問いかけることができます。「なぜこの時に買わなかったんだ?」そう、こんなにも注目度の高い案件にもチャンスは転がっているのです。

6倍達成(底値からは10倍達成)

取引所トークン比較 初値と最高値  OKEX OKB ②

取引所トークン比較 初値と最高値  OKEX OKB ②

余談ですが、こちらのBIBOXスレの書き込みは私です。グットレニキはOKB初日販売から買うつもりで資金を確保していました。しかし昼間の日本時間1時だか3時くらいという中途半端な時間での公式販売に、止む無く断念した経緯があります。ちなみに、当時のTwitterでは誰もOKBについて話す人はいませんでした。上場後もまさにお金が落ちている状況だというのに。これはつい最近の話ですよ。

いかに日本の仮想通貨情報が遅くて、バイアスの強くかかった2次情報を伝えるインフルエンサー頼みかわかりますか?

ここの情報網を脱して、自分の力で調べることが当たり前になることが、勝ちへの道筋です。言い換えれば、1次情報を入手してください。グットレニキは1次情報を重要視し、可能な限り1次情報を読者の方へお伝えします。

※しかもグットレニキは中国語を全く読めません。それでもチャンスは転がっていると強くお伝えしたい。

取引所トークン比較 初値と最高値 FT FCOIN

取引所トークン比較 初値と最高値 FT FCOIN

FCOIN:今年最高の成功を収めた取引所。「取引=マイニング」という概念を創造。概念を創造する企業は、長くナンバー1を維持する事例が多いです。これについては別記事で改めて触れることにします。つまり今後も有望な取引所であると思います。

1日の出来高:1000億円超え(FTマイニング取引でのドーピング中)

トークン説明:手数料50%分をFT還元、毎日配当80%以上

※ユーザーが半信半疑の中で配当初日にきっちり配当を支払ったため、暴騰した。Huobiの技術トップが開発した有望な取引所であることも大きくプラスに働いた。そしてサーバーが鬼のように強い。

運営は3年ロックアップあり。

100倍達成。

取引所トークン比較 初値と最高値 BIBOX BIX

取引所トークン比較 初値と最高値 BIBOX BIX

取引所トークン比較 初値と最高値 BIBOX BIX ② ICO価格

取引所トークン比較 初値と最高値 BIBOX BIX ② ICO価格

BIBOX:中華系でありながら西側諸国での活動に重きを置く取引所。

1日の出来高:100億円超え

トークン説明:手数料割引50%、毎週配当45%~67.5%※必ず1週間に1度は売買することが条件、仮想通貨レンタル制度もある

何度も時期を見てBIXトークンの優位性を高める発表を行っており、運営チームの意識が高い。2018年3月にはBIXホルダーに配当を出すというアナウンスがあったにもかかわらず、(その後の急騰を考えると)わずかな上昇をして2018年4月度からの停滞期を迎えていました。

毎週配当発表しますというニュースの『後』からでも十分に大きな利益を取るチャンスがあったことがわかります(当時の配当率は当初20%→次に30%→45%超と変化)

ETH建てで7倍、ドル建てでは10倍以上を達成

取引所トークン比較 初値と最高値 BIGONE BIG

取引所トークン比較 初値と最高値 BIGONE BIG

BIGONE:最近日本人を締め出した取引所。

1日の出来高:100億円超え(マイニング取引でドーピング中)もともとは数十億円レベルの取引所

トークン説明:手数料割引50%、毎月利益の40%利用して買戻し

3倍以上達成

取引所トークン比較 初値と最高値  BIGONE ONE

取引所トークン比較 初値と最高値  BIGONE ONE

取引マイニングするために作られたトークン

トークン説明:配当100%、手数料利用金額の全てをONEで還元

初期のマイナーは一般組よりも先にマイニングできたため、配当還元と高騰時の売りで絶大な利益を出したと思われる

6倍達成

取引所トークン比較 初値と最高値 COINEX CET

取引所トークン比較 初値と最高値 COINEX CET

COINEX:BCH基軸を売りにする取引所。

1日の出来高:数百億円超え(マイニング取引でドーピング中)もともとの取引所レベルはそれより下。

トークン説明:配当80%、四半期ごとに利益の20%利用して買戻し、手数料割引50%、投票権

25倍達成

取引所トークン比較 初値と最高値  COINBENE CONI

取引所トークン比較 初値と最高値  COINBENE CONI

CoinBene:色々と運営に問題があるとテレグラムで叩かれることの多い取引所。しかし、普通に立ち回り次第で有益な取引所でもある。

1日の出来高:数百億円(マイニング取引のドーピング中)、通常時は100億円前後でBIBOXより下あたりが定位置。

トークン説明:配当40%、手数料割引最大70%、投票権、ICO組は1年間弱のロックアップあり(初月30%で毎月10%ずつ解放)

※1度も原価割れしたことがない

10倍達成

 

 

取引所トークン比較 初値と最高値 BITSHARES BTS

取引所トークン比較 初値と最高値 BITSHARES BTS

取引所トークン比較 初値と最高値 BITSHARES BTS 2

取引所トークン比較 初値と最高値 BITSHARES BTS 2

BITSHARES:世界初の分散型取引所。天才創設者はSTEEMプロジェクトに移ってしまった。

1日の出来高:不明。分散型取引所は例外なく出来高はかなり少ない。

トークン説明:会員制で手数料割引80%

40~90倍達成※歴史あるトークンのため、2017年度のバブル相場で当然値上がり率も凄い

 

取引所トークン比較 初値と最高値 KUCOIN KCS 

取引所トークン比較 初値と最高値 KUCOIN KCS

 

KUCOIN(クーコイン):第2のバイナンスという誇大宣伝でアフィリエイト周知された取引所

1日の出来高:30億円前後が多い

トークン説明:利益配当50%、四半期ごとに10%利益使って買い上げとバーン

40倍達成

取引所トークン比較 初値と最高値 KYBERNETWORK KNC

取引所トークン比較 初値と最高値 KYBERNETWORK KNC

取引所トークン比較 初値と最高値 KYBERNETWORK KNC 2

取引所トークン比較 初値と最高値 KYBERNETWORK KNC 2

KYBER NETWORK:イーサリアムの天才創設者ヴィタリックが関わる分散型取引所。バンカー取引所がハッキングされたため、一歩リードなるか。

1日の出来高:少ない。

トークン説明:手数料利用費として回収後、バーン

10倍強達成

取引所トークン比較 初値と最高値 SWTH switcheo

取引所トークン比較 初値と最高値 SWTH switcheo

過去のグットレニキ投稿

過去のグットレニキ投稿

switcheo:NEP5トークンを一手に扱い、将来はERC20にも対応。グットレニキは初期のホルダーです。かつてNEP5トークンの時価総額最安値×取引所トークンという安心感があるにも関わらず過小評価をされていました。しかし、後に高騰します。

1日の出来高:分散型取引所のため、やはり少ない。

トークン説明:手数料利用費として回収後、バーン、NEOがインキュベーターしたNEP5トークンをすべて強制最速上場するという強味

チャートがなくなってしまったため、確認できませんが実際はかなりの倍率(上場後5~10倍?)を達成しています。

取引所トークン比較 初値と最高値 OCX

取引所トークン比較 初値と最高値 OCX

OCX:もともとは過疎ってた取引所の印象。高騰してから日本人ブロガーさんやインフルエンサーが取り上げ始めたため、日本人が多数暴落の餌食となってしまった。

※暴騰中に「これ熱いかな?」と聞かれたため、身近な人には絶対買うなと注意した経緯があります。グットレニキは絶対にそういう取り上げ方は今後もしません。

1日の出来高:数十億円(マイニング取引ドーピング中)、通常時は弱小と言っても良いかもしれません。

トークン説明:配当80%、手数料割引

20倍達成

取引所トークン比較 初値と最高値 COINEAL NEAL3

取引所トークン比較 初値と最高値 COINEAL NEAL3

COINEAL 暴落後のリバ取り

COINEAL 暴落後のリバ取り

COINEAL:韓国中国合同チームによる新興取引所。あまりにもマイニング取引のルールを変えすぎて、ブログで書くことすらできませんでした。今はマイニング取引を中止しました。リファ報酬も一切支払われないままのため、テレグラムで詐欺・スキャム連呼されているようです。ただここは中国ナンバー1仮想通貨アプリのMY TOKEN(MT)とも関係が深いため、今後も追っていきます。最近の中で稼働数日間マイニング取引利益が最も出たのはここ。ABCCも今頑張ってマイニング取引していますが、日本人に馴染むのはABCCですね。

1日の出来高:10~50億円規模 中堅下位がもともとの定位置か。

トークン説明:配当100%以上だったが、今は撤回されて特に何の特徴もない。わずかな時間だけ原価割れの1円となっていたが、ここ3日くらいで数倍に暴騰。しかし誰も見向きもしていなかった。グットレニキのブログを見てくれていれば、買いの打診ができたと思います。取引所トークンで原価割れをするというのは、相当な理由があるはずです。

NEALトークンは今後のアナウンス次第で評価が全く変わります。お願いだからアナウンスの英語対応してください。

10倍達成。 

取引所トークン比較 初値と最高値 Btcdo BDB

取引所トークン比較 初値と最高値 Btcdo BDB

Btcdo:カナダ×中国という変わった新興取引所。

1日の出来高:50億円規模(マイニング取引ドーピング中)、通常時は不明。

トークン説明:当初は取引手数料割引40%、回収後一部をバーン、ホールドすることでマイニング取引専用トークンのBTのマイニング効率を15%引き上げる効果がある(BITALLEXのBAEとマイニング取引専用トークンCATTの関係もこれですね)との発表で高騰。

15倍達成。

取引所トークン比較 初値と最高値 COSS.IO COSS

取引所トークン比較 初値と最高値 COSS.IO COSS

COSS.IO:シンガポールの過疎取引所。

1日の出来高:1億円前後

トークン説明:配当50%

10倍達成

取引所トークン比較 初値と最高値 BKEX BKK

取引所トークン比較 初値と最高値 BKEX BKK

BKEX:新興取引所。

1日の出来高:30億円前後

トークン説明:配当40~100%?うろ覚え。

先行マイナーが数多くいたが、1日目の配当BKK1枚当たり20円弱出たこととなり、それなりに潤いました。アルトコインも順調にリリースしており、今後の成長可能性はあります。

倍率不明(BKKのマイニング取得単価による)※即売り抜けで初期マイナーなら損はしていないはず。

 

取引所トークン比較 初値と最高値 58COIN 58b

取引所トークン比較 初値と最高値 58COIN 58b

58COIN:新興取引所。

1日の出来高:数百億円前後だが、FXを入れての金額のため、実際は1桁少なく見ています

トークン説明:毎週運営利益の50%を使い、買い上げ。原価の9割となったら、買いオペレーション発動。

日足の上髭で約4.5倍(実際はそこで売れない)、実質2倍程度。プレセール組は初日売り抜けで原価割れしていません。

※中堅取引所のTOPBTCのTOPB(同じく利益の買い上げ系)は58COINで実戦していた人には、予想に近い値動きとなったのではないでしょうか?TOPBも初日1.3倍程度での推移で原価割れしていないので、同じくプレセール組は勝ち確定でしたね。

 

取引所トークン比較 初値と最高値 Kryptono KNOWトークン

取引所トークン比較 初値と最高値 Kryptono KNOWトークン

Kryptono:新興取引所。一時期出来高を作ってくれた大口投資家にポルシェを配ると派手なイベントをやり出来高が50億を越えていた。XPX(ネムの正統なる後継で元ネム財団トップのロン・ウォンがリーダーを務める通貨)が上場している。

1日の出来高:数億円前後(当初は1億円切る状態からスタートしたため、右肩上がりの成長中)

トークン説明:手数料割引50%のみ。ICO時の取引に使うと定義されてもいるが、Kryptonoが主催するICOの予定がない。

※ここの運営は割と優秀なので、後日記事で取り上げます。KNOW取引所トークンはあまりにも使い道が限られているため、配当付きとなった場合、サプライズ効果もあり爆上げする可能性があります。Kryptono運営は取引所のユーザーインターフェースも良く、バカではないためKNOWトークンの特徴付与も考えられます。今後動きがあれば読者の方に記事を書きます。

4倍弱達成。  ※今までの取引所トークンの中で最も特典が貧弱なトークンであるにも関わらず、上場後数日で4倍程度に暴騰しました。

 

 

これで以上となります。

まとめ

・仮想通貨市場の地合いが悪い中でも取引所トークンは平均して総じて強かったと言えそうです。これは取引所という実体のある組織が、実需が生まれるトークンを設計して販売するため、『実現するかどうか半信半疑のアルトコイン』よりも間違いなく投資家に安心感を与えるものであるということが大きいからだと思われます。

・マイニング系トークンは上場後いきなり暴騰からの暴落がセットとなっている。これはマイニング系トークン自体が発行されればされるほどに、暴落を引き起こすという致命的な弱点を持っているからです。※私がマイニング系トークンはリスク回避のために直接買わず、マイニングで増やすのが大事と繰り返し言っているのはこのためです。もちろん自信があるなら暴騰中のスキャルピング、暴落後のリバ取りで1週間で数倍~10倍程度の資金を増やすことも可能です。

・買い上げ&バーン系は取引所の成長に大きく依存し、徐々に右肩上がりのチャートになりやすい。言い換えれば上場初値で数倍とかの暴騰を期待するものではない。

突然の好材料発表等で暴騰するのは取引所トークンも同じ

・配当と買い上げがセットになったCETのような取引所トークンが今のところ順調なのも興味深く、機能が多いほど好ましい結果となるかもしれない※サンプルが必要です。

今後もデータ集積のため、取引所トークンの値動きを追記していきます。

いつも読んでくれてありがとうございます<(_ _)>